アルカリイオン水の効果は血液をサラサラにし、高血圧や尿酸値降下の効能等があるとされています。普段気を配りにくい「水」ですが少しの気遣いでいろいろな病気を未然に防ぐことができるのです。

アルカリイオン水は高血圧や尿酸値等に効果がある

アルカリイオン水とは何

top.jpg

アルカリとは、水分中の水素イオンの濃度指数の度合いを示すものです。

?この指標を「pH(ペーハー)値」とよび、pH7の中性を基準にし、その値が0に近いものを酸性で14に近いものをアルカリ性と呼びます。

?アルカリイオン水を作るには水に電気を流し、陽性電極と陰性電極を水につけるのですが、このとき陰性電極に集まった水がアルカリイオン水になります。

このアルカリイオン水は普通の水に比べて、ナトリウムやマグネシウムなどの成分が高く、そのため市販のミネラルウォーターにはよく見かけることがありますよね。

水を電気分解する際にカルシウム化合物を加えている為に、カルシウムの量も多くなっています。

バランスの取れた水としてとても注目されていますが、アルカリイオン水を作る家庭用の浄水器やミネラルウォーターがとても人気があります。

アルカリイオン水は1930年代頃から研究が始まり、日本では1965年に医療用として安全性も確認され承認に至っています。

今では一般的に家庭用として飲まれているアルカリイオン水ですが、健康に与える効果も高く、水道水を飲むことよりもとても安全と言えます。

市販されているアルカリイオン水は、それぞれに特徴のある成分が含まれたものがありますし、値段も様々です。

アルカリイオン水を使って調理をする事も一般的になりましたが、美味しく料理が作れることなど、アルカリイオン水には色々なメリットがある点も特徴です。


アルカリイオン水は尿酸値や高血圧に良い



アルカリイオン水には血液をさらさらにする効果があります。

血液がさらさらになることで、血栓ができるのを防ぐことができる為に、動脈硬化の予防や、高血圧など生活習慣病の改善をすることができます。

食べ物ではたまねぎなどに血液さらさら効果がありますが、毎日の食事での改善はとても難しいものがあります。

また辛い痛風の原因とされる尿酸値の上昇も血液中の活性酸素が原因で、それをアルカリ性で中和させることで上昇を抑えたり、数値を安定させる助けになると言われています。

さすがにアルカリイオン水を飲むだけで、これらの病気の予防が完全におこなえるとは言いませんが

サプリメントとの併用で、手軽に健康のサポートをすることが出来るのは確かでしょう。


効果を出すために必要な量はどれくらい?



しかしアルカリイオン性のお水は少量飲んだだけでは効果がでにくいです。

一日に必要な水分量は約大人で2リットルです。

飲料水だけでなく、食べ物からの水分も含まれますが、2リットルの水は、心がけて飲まないといけません。

満足に取れていると思っている水分も実は不足していることがあります。

アルカリイオイン水は、水分不足による体調不良にも効果がありますので、毎日飲むことをお勧めします。

こういった健康に良いとされるお水は血液にもとても効果がありますので、バランスの取れない食生活を送っている方にもとても必要となります。

もし忙しくて食材が揃えられない方は、こういった尿酸値を下げるサプリメント達を上手に活用していく事をおすすめします。

食事から取れない栄養分や、充分な水分をアルカリイオン水でとることは、毎日の健康をキープするためにもとても有効的ですね。

特に食べ物の変化により、現代では高血圧や動脈硬化、心筋梗塞といった病気がとても増えています。

毎日の心がけで、深刻な病気も予防することができますので、そのためには純水のアルカリイオン水を毎日飲み始めて見ましょう。